産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


米クラフトビール大手の創業者「日本でも需要拡大」

会見後に撮影に応じるブルックリン・ブルワリー創業者のスティーブ・ヒンディ氏=11日、東京都千代田区(平尾孝撮影) 会見後に撮影に応じるブルックリン・ブルワリー創業者のスティーブ・ヒンディ氏=11日、東京都千代田区(平尾孝撮影)

 米クラフトビール大手、ブルックリン・ブルワリー(ニューヨーク市)の創業者、スティーブ・ヒンディ氏は11日、東京都内で記者会見し、日本でもクラフトビールの需要が拡大していくとの見通しを示した。「米国では30年前まではほぼ市場に存在していなかったクラフトビールが、現在は15%程度を占めており、日本でも同様のことが起こる」と説明した。

 ヒンディ氏は米国では「ホップが多く、苦みも強いクラフトに慣れると、大手メーカーの軽めのビールでは物足りなくなり、クラフトへのシフトも進んでいる」と強調した。

 ブルックリン・ブルワリーは2016年10月にキリンビールと提携。キリンが輸入とライセンス生産し、国内販売している。

 ヒンディ氏はAP通信の記者から転身し、1988年にニューヨーク市ブルックリンで醸造所を設立した。

「ニュース」のランキング