PR

ニュース 経済

『八月のシンデレラナイン』人気声優、上坂すみれさんが演じる新キャラクター「エレナ・スタルヒン」が登場!上坂さんのサイン入りグッズが当たるTwitterキャンペーンも同時開催!

Messenger

 株式会社アカツキ
株式会社アカツキ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:塩田元規、以下「アカツキ」) は、好評配信中のiOS/Android用アプリ『八月のシンデレラナイン』(略称:ハチナイ)において、声優「上坂すみれ」さん演じる新キャラクター「エレナ・スタルヒン」が登場したことをお知らせいたします。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/19676/82/resize/d19676-82-274564-6.jpg ]

 新キャラクターの「エレナ・スタルヒン」は、2018年4月28日より好評発売中の小説 『八月のシンデレラナイン 北風に揺れる向日葵』に登場する日本人とロシア人のクオーターの少女で、同小説の続きが描かれる期間限定イベントや、期間限定スカウトに登場します。

 ■期間限定イベント・スカウト概要
・実施期間:6月7日(木) ~6月20日(水)12:59
(1)期間限定イベント開催
期間限定の物語イベント「北風薫る球友の手紙」をプレイすることで「SRエレナ・スタルヒン“闘志込める一息”」を仲間にすることができます。
また、同イベントで獲得できる覚醒素材を使うことでSSRまで進化し、限界突破も可能です。
エレナと有原たちの再会を描いたストーリーも見どころ満載となっていますので、どうぞお楽しみください。

 [画像2: https://prtimes.jp/i/19676/82/resize/d19676-82-166078-7.jpg ]

 SRエレナ・スタルヒン“闘志込める一息”

 (2) 期間限定スカウト開催
期間中、「SSRエレナ・スタルヒン“捲土重来!”」が登場するスカウトが開催。有原との再戦を胸に、ロシアで集めたチームメイトと歩む姿を描いた迫力満点のイラストになっています。

 また、有償10回スカウト毎に1枚プレゼントされる専用スカウトチケットを10枚集めることで、「SSRエレナ・スタルヒン“捲土重来!”」排出が確定の特設スカウトも用意しています。どうぞご期待ください。

 [画像3: https://prtimes.jp/i/19676/82/resize/d19676-82-248247-8.jpg ]

 SSRエレナ・スタルヒン“捲土重来!”

 ■「エレナスカウト登場記念 エレナと対決!Twitterキャンペーン」も同時開催!
エレナ・スタルヒンがスカウトに登場したことを記念して、エレナを演じる上坂すみれさんのサイン入りグッズが当たる「エレナスカウト登場記念 エレナと対決!Twitterキャンペーン」を開催いたします。

 [画像4: https://prtimes.jp/i/19676/82/resize/d19676-82-511189-9.jpg ]

 詳細は以下キャンペーンサイトをご覧ください。
https://hachinai.com/news/post-1867/

 <開催概要>
期間中、ハッシュタグ「#ハチナイ_エレナ」+エレナと対決させたいハチナイの選手名をつぶやいてくださった方の中から抽選で、サインボールとナインスター33個を1名様、サイン色紙とナインスター33個を3名様、ナインスター33個を10名様にプレゼントいたします。

 <開催期間>
2018/6/7(木) ~ 2018/6/13(水)

 ■『八月のシンデレラナイン』とは
「青春×女子高生×高校野球」をテーマにした“青春体験型野球ゲーム”です。プレイヤーは同級生監督として、魅力的な女子キャラクター達を指導・育成しながら、共に”甲子園”という夢を追いかけます。 本作では、野球部の様々な活動を通して選手を自分好みに育成することが可能となるのですが、時にヒロインたちが抱える悩みや葛藤を解決することも、選手としての成長を促すコツとなっており “青春”というテーマとゲームシステムを密接に連動させることで、これまで以上にヒロインの内面を深く、豊かに体験できることが特徴となっています。

 [表1: https://prtimes.jp/data/corp/19676/table/82_1.jpg ]

 ■株式会社アカツキ 会社概要
アカツキは、人々が心の満足で満たされ、自発的に行動し世界が発展する『感情を報酬に発展する社会』の実現を夢見ております。主力となるモバイルゲーム事業においては、心が動くワクワク体験を届ける様々なゲームの開発・運営を行っております。また感動するリアルな体験を届けるライブエクスペリエンス事業をはじめとし、世界にワクワクとつながりをもたらす様々な事業を展開してまいります。

 [表2: https://prtimes.jp/data/corp/19676/table/82_2.jpg ]

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ