PR

ニュース 経済

【森友文書改竄】会見詳報(5)太田理財局長「佐川氏の答弁は反省点はあるが、理財局で判断」

Messenger

 --売却契約締結後の応接録の取り扱いですが、改竄、隠蔽ととらえていいのか

 太田氏「国会の求めに対して、適切でないとなっている。だからというつもりはないが、決済文書の正規の手続きを経ないでやっている。相当のことをし直している」

 --国会の求めに対して、事実を隠して答えたということは事実か

 太田氏「そういうことだと思います」

 --近畿財務局の総務課長が思い立ってやっていたのか、上の指示があったかもしれないがそこまで分からなかったということか

 伊藤氏「総務課長の判断として、管財部長と相談したということ」

 --太田氏が佐川さんが答弁したのはまれだったと言うが、理財局長がなぜ答弁を続けたのか。

 太田氏「当時の局長の判断。大臣もそれを認めていたということです」

 --政治が絡んでいたことを含めて佐川さんが答弁をしたのか

 太田氏「個別案件ですので、よかったかどうかなど、いろんな反省点はあるが、理財局の中で判断したことです」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ