PR

ニュース 経済

日中で5G周波数共有、中国が提案 日中韓情報通信相会合を前に

会談する野田聖子総務相(左)と中国の苗●(=土へんに于)工業・情報化部部長(右)=27日、東京都新宿区(高木克聡撮影)
Messenger

 28日に東京都内で開かれる日中韓3カ国の情報通信相会合に先立ち、野田聖子総務相は27日、中国の苗●(ビョウウ)工業情報相と、韓国の兪英民(ユヨンミン)科学技術情報通信相とそれぞれ個別に会談した。

 中国との会談では野田総務相が「情報通信技術で政策課題を乗り越えていきたい。中国にとってもお役に立てる先進的な取り組みになる」とあいさつ。中国側は第5世代(5G)移動通信方式について、一部を共有できる周波数帯を採用するよう提案があり、日本側も技術的に協力していくと応じた。

 日本では5Gに使う周波数帯についての議論が進められている。日中が共通の周波数を採用すれば、企業にとっては機器の開発がしやすくなるなどの利点があるほか、アジア各国での標準化が一気に進む可能性もある。

 また日本側は昨年6月に施行された中国のサイバーセキュリティー法について、過度な規制につながる懸念などを伝えた。

 日本と韓国との会談では、相手側の国に携帯電話を持ち込んだ際の利用料金の引き下げについて民間企業に促すことで一致した。

 日中韓3カ国の情報通信相会合は28日、都内で開催される。平成23年にマレーシアで開催して以来、7年ぶり6回目で、3カ国の情報通信相がそろうのは12年ぶりとなる。

●=土へんに于

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ