PR

ニュース 経済

爪の手入れが楽しみになる爪切りの優れもの

腰を曲げずに爪を切れる画期的な爪きり
Messenger

 大抵のものが100円ショップで買える時代に、7000円の爪切りといえばとても高価な印象。だが、頻繁に使う道具と考えれば機能的で使いやすいものは長い目でみれば価値がある。そんな爪切りの優れものが「Kershaw(カーショー) ユニバーサルツ爪切り」だ。<産経netshop>

 オブジェのような個性的な形状の「Kershaw ユニバーサル爪切り」。その使い心地のよさをより実感できるのが足の爪を切る時だ。刃が足の爪をはさむ様子を見やすく、一般的な爪切りより腰を曲げずに足の爪を切ることができる。出っ張ったお腹が邪魔になる、腰を曲げるのが辛いという人にも使いやすい。刃は爪の正しい切り方とされる四角形に近いスクエアオフができる直線刃で、巻き爪や二枚爪の予防にも効果がある。

 必須条件である切れ味も抜群だ。Kershawは、アメリカで1974年に創立したポケットナイフのトップブランド。日本では刃物の町、岐阜県関市で1908年に創業した老舗、貝印がライセンス商品として手がける日本製で、関の刃物職人の技がその切れ味に反映されている。硬い足の爪もサクッと気持ちのよい切れ味で爪を切るのが楽しくなる。

 独特のフォルムは、細かく精密な金属成形ができるMIM(ミム)工法で製造。サテンのような表面加工を施したプレミアムな仕上がりになっている。7020円(税込)。

<産経netShop>

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ