PR

ニュース 経済

世界初の海中カジノ構想 長崎・ハウステンボスが検討 ライバルと差別化

海中カジノのイメージ図(ハウステンボス提供)
Messenger

 長崎県がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致候補地として掲げる同県佐世保市で、テーマパークを運営するハウステンボスが検討しているIR構想の概要が20日、明らかになった。世界初となる海中にカジノ施設を建設することが柱。カジノ運営基準などを定めるIR実施法案で全国の箇所数は最大3カ所となっており、誘致を目指す大阪や和歌山などのライバルになる。

 関係者によると、海中カジノは海面下の壁を大型の強化ガラスにした特別施設で、海中を泳ぐ魚の様子などを眺めながらゲームを楽しむことができる。建設場所はハウステンボスが面している大村湾内を想定しており、建設コストは数百億円を見込む。

 国際会議場やショッピングモールなどIRを構成する他の施設は現在、駐車場として使っている敷地に整備する。また、IRの運営に関してはノウハウがないため、海外の大手企業と共同事業で行うことも検討していく方針だ。

 シンガポールのIR「リゾート・ワールド・セントーサ」には水族館の水槽と客室の窓が一体になったホテルがあり、IRによる経済活性化に一役買っているが、海中カジノは各国でも類を見ないという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ