PR

ニュース 経済

NY原油、3年半ぶり高値 ブレント原油は一時80ドル超

Messenger

 17日のニューヨーク原油先物相場は、指標の米国産標準油種(WTI)の6月渡しが早朝の取引で一時1バレル=72・30ドルまで上昇し、2014年11月以来約3年半ぶりの高値水準となった。

 欧州の代表的な原油指標である北海ブレント原油先物相場も一時1バレル=80・50ドルをつけ、節目の80ドルを約3年半ぶりに超えた。

 ニューヨーク相場の終値は前日と変わらずの1バレル=71・49ドルだった。

 朝方は、米国による対イラン制裁再開表明や、ベネズエラの産油量減少などを背景とした世界的な需給引き締まりへの期待から買い注文が先行した。ただ、その後はドルが主要通貨に対して上昇し、ドル建ての原油先物に割高感が出たことが相場の重しとなり、上げ幅が縮小した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ