PR

ニュース 経済

政府、米の輸入制限に対抗措置を検討 WTO通知で調整

Messenger

 米国は3月、安全保障上の脅威になっているとして鉄鋼とアルミの輸入制限を発動。これに対し、中国は米国産果物などに高関税を課す対抗措置を発動した。暫定的に適用を除外されている欧州連合(EU)も、正式に適用された場合の報復措置を表明している。

 一方、日本は「対抗措置の応酬は、どの国の利益にもならない」(世耕弘成経済産業相)との立場だ。WTOへの通知を、あくまで適用除外に向けた米国との交渉材料にするものとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ