PR

ニュース 経済

韓国LCC、中部-ソウル便の搭乗率80%目標 今月31日に新規就航

Messenger

 韓国の格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空の朴済晩日本地域本部長は17日、中部空港で記者会見し、今月31日に新規就航する中部-ソウル(仁川)線の1年目の搭乗率について「80%を目標に頑張る」と述べた。

 朴氏は「韓国企業は費用節減のため積極的にLCCを利用しており、ビジネス客が多いだろう。観光客をいかに増やせるかは宿題だ」と話した。今年末から中部-グアム線を検討していることも明らかにした。

 中部-ソウルの往復運賃は1万円前後で、31日から7月20日まで片道2千円の特別キャンペーン価格も用意するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ