産経ニュース

【ワンタップバイのカンタン投資講座】業種の勘所…電力・ガス

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ワンタップバイのカンタン投資講座】
業種の勘所…電力・ガス

 「電力・ガス」の業種銘柄は、公共事業として基本的に政府の規制下で競争にさらされないうえ、ライフラインたるこれらの商材は需要に大きな変化も想定されません。半面、急成長も期待しづらいことから、相対的にもっとも安定的なディフェンシブ株として、高配当を期待する投資家から買われているようです。

 業績の変動要因としては、原油・ガス価格の下落がコストの低下につながりますので、一時的には追い風となりますが、電気・ガス料金の値下げで売上高の減少要因となるので、長期的には影響は軽微といえます。電力・ガス各社は地域ごとにありますので、地方の経済動向の影響を若干受けることもあります。

 なお、東日本大震災での原発事故以来、東京電力は無配当を続けていますので、かつての公共株と同様ではない状態にあります。

 電気事業では平成28年4月に電力小売り部門が全面自由化されました。現在460を超える事業会社が参入していますが、電力会社から契約が切り替えられた割合は昨年7月時点で5%程度です。電力会社の業績への影響はまだ軽微なようですが、自由化の進み具合は注目していく必要があるでしょう。(三好美佐子)

「ニュース」のランキング