PR

ニュース 経済

フェイスブックが200アプリ利用停止 情報不正使用を調査で

フェイスブックの主催イベントで講演するザッカーバーグCEO=1日、米カリフォルニア州サンノゼ(AP)
Messenger

 米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は14日、英政治コンサルタント会社がFBの個人情報を不正使用したとされる問題を受けた調査で、約200のアプリの利用を停止したと発表した。実際にデータの不正使用があったかを詳しく調査する。

 FBのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は3月、アプリ開発者による個人情報の収集を大幅に制限した2014年以前に、大量の個人情報を収集した全アプリを調べる方針を表明していた。これまでに数千のアプリを調べたという。

 不正使用があったと判明すれば、アプリ開発者らにFBの利用を禁止し、対象者にはウェブサイトを通じて不正使用されたことを知らせる。FB担当者は「不正使用の懸念がある全アプリの調査には時間がかかる」と説明した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ