PR

ニュース 経済

報酬を電子財布で管理 三菱UFJが個人事業主向け新ビジネス

Messenger

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は14日、フリーランスや個人事業主の報酬をウォレット(電子財布)で管理できる新たな決済サービスを平成30年度末に開始すると発表した。仕事の受発注をインターネットで仲介するクラウドソーシング大手「クラウドワークス」と資本提携し、新会社を設立する。

 まずクラウドワークスの利用者が報酬の一部をプリペイドカード方式でチャージ(入金)できるアプリを開発。国際ブランドのクレジットカード加盟店のネット店舗で買い物できる仕組みを作る。その後、三菱UFJ銀行や提携する地方銀行のネット口座からチャージできるようにもする。

 クラウドワークスを利用したフリーランスは累計約190万人に上り、企業からの報酬は100億円を超える。アプリを使えば、クラウドワークスから利用者の口座に報酬が振り込まれる際の手数料がゼロになる利点がある。三菱UFJFGはフリーランスの収入や消費行動の情報を集め、新たな事業展開にもつなげる。同社の亀沢宏規執行役常務は「働き方が多様化するなか時代に即した柔軟な金融サービスが必要だ」と強調している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ