PR

ニュース 経済

Psychic VR LabとSVR、次世代のVRクリエイターの育成を目的として バーチャルリアリティーラボを、インド・パキスタンに設立

Messenger

 株式会社Psychic VR Lab
2018年、100,000人の学生向けにVR技術の教育にSTYLYを活用

 VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY( http://styly.cc )」を提供する株式会社Psychic VR Lab(本社:東京都新宿区 代表取締役:山口征浩)は、SVRと共にSTYLYを活用したVRコンテンツの創出とクリエイターの育成を目的としたバーチャルリアリティーラボ「SVR Lab(Social VR Lab)」をパキスタン・ラホールと、インド・パンジャーブに設立しました。

 [画像1: https://prtimes.jp/i/23281/25/resize/d23281-25-129195-3.jpg ]

 既にパキスタンの15大学、のべ2,165名にワークショップを開催しているが、今後はインド・パキスタンだけでなくMESA(中東・南アジア)地域の学生向けにもワークショップを開催し、ファッション、アート、ショッピングなど、新たなVRコンテンツの創出を推進して参ります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23281/25/resize/d23281-25-869031-2.jpg ]

 インド・パキスタンエリア最高責任者で、弊社CAO(Chief Alliance Officer)を務めるMir Nausharwan(ミール・ノシェルワン)は、インド・パキスタンの経済は2030年に日本を、2050年にはアメリカを越えると予想され、巨大なマーケットになるとコメント。

 SVRLabでは、高いポテンシャルを持った学生達のために、VRの最新機器など創作活動に必要な一式を提供。また、継続的なVRコンテンツ制作方法のレクチャーやツールの提供を通じて、次世代のVRクリエイターの育成を行い、MESA地域のVR市場発展に貢献していきます。

 ■ STYLY
[画像3: https://prtimes.jp/i/23281/25/resize/d23281-25-728634-0.jpg ]

 STYLYは、VR空間を駆使し、新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。
STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなどクリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。

 またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。

 STYLY Official Site:http://styly.cc

 ■ Psychic VR Lab
VR(バーチャルリアリティ)時代におけるクリエイティブプラットフォームとして、ブラウザだけでVR空間を構築し、配信を行うことができるクラウドサービス『STYLY』を展開、すべてのクリエーターがVR空間を作ることができる世界を作ることをミッションにアート、ファッションからライフスタイルに関わるインターフェイスのVR化を推進しております。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ