PR

ニュース 経済

総務省、空港滑走路レーダー実験 ベトナムで年度内開始

Messenger

 総務省と無線通信機器大手の日本無線が、電波による空港監視システムの実証実験を、今年度内にベトナムで開始することが1日、分かった。無線通信と光ファイバーを組み合わせ、空港内の航空機の位置を把握するシステムで、高精度と低コストが特徴。総務省は、ベトナムを皮切りに東南アジアで日本の電波システムの技術仕様を標準化させ、関連機器の輸出増加につなげたい考えだ。

 実証実験を始める「空港面探知レーダーシステム」は、滑走路周辺に配置した送信ステーションから航空機に向け電波を発信。電波の到達時間と受信ステーションへの応答時間の時間差から、空港内の航空機の位置を割り出す仕組みだ。

 電波の送受信ステーションは光ファイバーで管制塔と結ばれているため、無線で管制塔とを結ぶ従来のシステムよりも正確な位置の把握が可能という。国内では、成田や羽田など8空港で導入されている。

 日本とベトナムは昨年11月、実証実験の実施で大筋合意。2月から実験を行うベトナム南部のフーコック国際空港でシステム設計を始めた。来年1月には機器を設置した上で、実験を始める予定。

 総務省は、電波や無線の機器メーカーと共同で、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国に日本製の電波システムの導入を進めている。ベトナムとは、中国や北朝鮮からの妨害電波の発信位置を割り出す短波監視システムの導入についても大筋で合意している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ