PR

ニュース 経済

日経QUICKがテスト用原稿を誤送信 直後に円相場がやや上昇

Messenger

 日本経済新聞グループの速報機能を担う「日経QUICKニュース」が27日午前10時55分ごろ、この日まで開かれた日銀の金融政策決定会合の結果が公表される前に、「金融政策の現状維持を決定」などとする短い速報を配信した。

 直後に「誤りでした」と訂正し削除したが、速報が流れた直後に東京外国為替市場の円相場はわずかながら円高ドル安方向に動き、一時1ドル=109円15銭とこの日の高値をつけた。

 同社は「発表に備えて準備していたテスト用の原稿の一部を誤って送信したため」と説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ