PR

ニュース 経済

世界の発明者、3割が女性 特許出願は韓国トップ

Messenger

 世界知的所有権機関(WIPO)は26日、2017年の国際特許登録出願のうち、発明者に女性の名前が入っているものは31%だったと発表した。07年は23%だったが、バイオ技術や医薬品の分野で女性研究者の進出が目覚ましく、上昇が続いているとした。

 国別では韓国が50%でトップ、次いで48%の中国、36%のベルギーの順だった。日本は20%で17位だった。

 WIPOのガリー事務局長は技術革新における女性の貢献は「確かな傾向だ」と称賛する一方、まだ男女格差はあると指摘した。

 発表によると、17年にWIPOに提出された国際特許登録出願約22万4千件のうち、発明者に女性の名前が入っているものを集計した。

 産業分野別ではバイオ技術が最も多く58%。医薬品が56%と続き、化学、バイオ系の産業で女性の進出が目立った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ