PR

ニュース 経済

【日米首脳会談】経済界、多国間の自由貿易体制の重要性強調

経団連の榊原定征会長=19日午前、東京都千代田区
Messenger

 18日の日米首脳会談で、閣僚レベルによる新たな枠組みでの貿易協議を開始することで合意したことに関し、経済界からは多国間の自由貿易体制の重要性を強く訴えるべきだとの声が相次いだ。

 経団連の榊原定征会長は19日、「協議を通じ、公正なルールに基づく自由で開かれたインド太平洋地域の経済発展につながることを期待する」とのコメントを発表。経済同友会の小林喜光代表幹事は新たな枠組みによる協議を歓迎し、「粘り強い対話と交渉を期待する」との談話を出した。

 日本商工会議所の三村明夫会頭は19日の記者会見で、「通商問題では、日米は平行線だった」としながらも、「日本にとって(鉄鋼などの輸入制限が)除外される代わりに、2国間協定にすぐに入るようなことが決まらずに済んだことが成果だ」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ