産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


安定供給確保に高い壁 送電線の「空き容量」運用見直しで

 また、再エネ事業者は送配電網に空きがない場合、接続に巨額の増強費用を求められることに対し、「発電事業者が負担するのはおかしい」とする。これには電力業界が「送配電事業者が負担すれば利用者の負担になる」と反論。結果、経産省は費用負担について、分割払いをしやすくする見直しにとどめた。

 経産省は長期のエネルギー戦略で再エネを「主力電源」と位置付けた。本格的な導入拡大には国際的に比較して高い発電費用の低減に加え、安定供給を担う責任が求められる。(会田聡)

「ニュース」のランキング