産経ニュース

規制改革推進会議 安倍晋三首相「放送のあるべき姿議論を」

ニュース 経済

記事詳細

更新


規制改革推進会議 安倍晋三首相「放送のあるべき姿議論を」

規制改革推進会議に臨む安倍晋三首相(中央)ら=16日午前、首相官邸(春名中撮影) 規制改革推進会議に臨む安倍晋三首相(中央)ら=16日午前、首相官邸(春名中撮影)

 16日に開かれた規制改革推進会議での安倍晋三首相の発言は以下の通り。

 電波は国民共有の財産であるとともに、(新技術を高度に組み合わせ、社会の変革を図る)『ソサエティー5.0』時代の重要インフラであり、時代の変化を見据えた有効活用を進めることが重要だ。現在、急速な技術革新により、放送と通信の垣根はどんどんなくなっている。

 コンテンツの世界ではもはや国境はなくなり、グローバルな競争時代に突入している。こうした変化は今後一層拍車がかかっていくことが予想される。これはピンチではない。最初から日本のコンテンツはグローバルな世界では通用しないと諦めていてはだめだ。わが国のコンテンツ産業の活力を高める、これは大きなチャンスでもあるととらえなければならない。

 この大きな環境の変化を捉えた放送のあり方について、改革に向けた方策を議論すべき時期に来ている。(規制改革推進会議の)委員には本日示された検討課題などについてイノベーションの視点、グローバルの視点など幅広い多角的な視野から、何よりもユーザーの目線に立って、未来を見据えた放送のあるべき姿を大きく議論していただくようお願いする。

「ニュース」のランキング