PR

ニュース 経済

欧州製薬、がん事業売却 武田の買収検討に影響も

Messenger

 アイルランドの製薬大手シャイアーは16日、がん事業をフランスの同業セルヴィエに24億ドル(約2570億円)で売却すると発表した。シャイアーは、武田薬品工業が買収を検討。武田はがん事業の強化も狙いに挙げており、買収計画に影響を及ぼす可能性がある。

 武田がシャイアー買収を目指す場合、25日までに正式な提案をする必要がある。

 希少疾患の治療薬に強みを持つシャイアーは売却の理由について「がん事業は高い成長と利益をもたらしてきたが、長期的な戦略の中核ではない」と説明した。武田が買収を提案するかを判断した後、売却資金を自社株買いに充てるかどうか検討するという。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ