産経ニュース

【環球異見】米中貿易戦争が「勃発」 ウォールストリート・ジャーナル(米国)「脅しに応酬しなかった習氏」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【環球異見】
米中貿易戦争が「勃発」 ウォールストリート・ジャーナル(米国)「脅しに応酬しなかった習氏」

昨年11月、北京の人民大会堂で行われた経済関係のイベントで席を並べるトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席(AP) 昨年11月、北京の人民大会堂で行われた経済関係のイベントで席を並べるトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席(AP)

 米国と中国の通商摩擦が激化し、「貿易戦争」という言葉まで飛び交っている。まず鉄鋼・アルミニウムに高関税をかけるとして口火を切ったのはトランプ米政権だが、米紙は「貿易戦争は米国の企業や農家、労働者も傷つける」と指摘。中国の官製メディアは徹底抗戦を訴える一方で、「対外開放が米国への圧力にもなる」と一歩下がって説き、独紙は「米中の争いでばかを見るのは欧州」と強い懸念を示した。

 通商問題をめぐる米国と中国の対立激化について、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は7日付社説で「専門家は、世界の2大経済大国による貿易戦争が、米国の企業や農家、労働者を傷つけると指摘している」と懸念を表明した。企業収益や労働者の生計の一部が中国との交易に支えられているためだ。

 米政府は4月上旬、知的財産侵害に関する対中制裁案を発表。中国が激しく反発する中、トランプ大統領はさらに、制裁として関税を課す中国製品の規模を大幅に積み増す検討を指示した。中国の習近平国家主席はその後、市場開放策を表明。対立の緊迫感はいったん和らいだ。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング