産経ニュース

【ビジネス解読】中国が念願の原油市場を創設 米国の「ドル支配」に対抗

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
中国が念願の原油市場を創設 米国の「ドル支配」に対抗

原油先物の取引開始式典=3月26日、上海国際エネルギー取引所(ロイター) 原油先物の取引開始式典=3月26日、上海国際エネルギー取引所(ロイター)

 暮らしに欠かせない石油・ガソリンの価格形成に中国の覇権主義の手が迫ってきた。

 上海先物取引所は3月26日、傘下の上海国際エネルギー取引所に中国の通貨・人民元建ての原油先物を上場、中国の先物市場として初めて外国人の参加も認めて、原油の国際取引市場を新設した。取引開始の式典には、中国共産党中央政治局委員で、上海市委員会書記の李強氏や証券監督管理委員会の劉士余主席が出席。劉主席は「(原油先物の上場は)上海が世界的な金融センターとなるためのマイルストーン(節目)だ」とその意義を語り、「中国の特色ある市場を建設し、うまく機能させる自信がある」と胸を張った。

 同取引所が原油取引の研究を開始したのは2001年。12年に中国政府が関連規制の改定など市場立ち上げの環境整備に入り、実に17年がかりで念願の市場開設にこぎ着けたという。中国政府がそれだけの時間をかけて周到に準備し、共産党幹部が取引開始に興奮を隠せないのは、この市場が原油取引に絶大な影響力を持つ米国の力の打破を狙ったものだからだ。

 世界の原油取引では、ニュースでもよく耳にする米ニューヨーク原油市場の「WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)」と英ロンドン原油市場の「北海ブレント」が2大指標だ。アジアでは中東のドバイ産とオマーン産の平均価格をベースとする指標もあるが、世界的には2大指標、特にWTIの変動が原油取引やガソリンなど石油製品の価格形成に大きな影響を与えていく。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国が念願の原油市場を創設 米国の「ドル支配」に対抗

「ニュース」のランキング