PR

ニュース 経済

【シリア攻撃】原油、1バレル=70ドル突破も 影響波及で供給懸念 ガソリンに先高観

シリアへの攻撃を伝えるニュースを流すモニター=14日正午、大阪市中央区(彦野公太朗撮影)
Messenger

 米英仏がシリアのアサド政権への軍事攻撃に踏み切ったことで、原油相場は大きな影響を受けそうだ。主要産油国の協調減産などで原油価格は1バレル=60ドル台で推移しているが、供給懸念が高まれば70ドル突破が視野に入る。国内のガソリン価格にも先高観が浮上する。

(会田聡)

 13日のニューヨーク原油先物相場は5日続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の5月渡しが前日比0・32ドル高の1バレル=67・39ドルと2014年12月以来、約3年4カ月ぶりの高値で取引を終えた。攻撃前だが、市場では警戒心で前週末の6日より約9%上昇した。

 シリアは大きな産油国ではないが、中東情勢が混乱すれば原油供給が滞る恐れがある。ニッセイ基礎研究所の上野剛志シニアエコノミストは「攻撃の規模が焦点になる」と指摘する。米国は昨年4月にもシリアの空軍基地を攻撃したが、アサド政権を支持するロシアなどの反発は限定的。今回も攻撃の規模次第で、「原油価格は一時的に70ドルを超えても、65ドル前後に収束してくる」(上野氏)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ