PR

ニュース 経済

【主張】フェイスブック 個人情報と開放性を守れ

Messenger

 約20億人の利用者がいる世界最大の交流サイト(SNS)で、8700万人分の個人情報が不正流出した。

 フェイスブック(FB)のザッカーバーグ最高経営責任者は米議会公聴会で、対策が不十分だったと謝罪した。

 社会的な責任は重大であり、適正な情報管理へ早急に手を打ってほしい。同時に、その影響力の大きさや原則無料のサービスの利点と欠点について、利用者が改めて考える機会にもしたい。

 問題となった流出は、心理テストのアプリに回答した会員らの情報が、英コンサルティング会社に横流しされたものである。

 これが2016年の米大統領選で、トランプ陣営に有利となるよう活用されたという。FBは、フェイク(偽)ニュースの拡散を防げず、大統領選へのロシアの介入を許したと批判された。特定勢力の世論工作につながれば民主主義の土台が揺らぐ。FBは、この事実を重く受け止めるべきだ。

 批判の矛先は個人情報を活用した事業モデルにも向く。年齢、学歴、職業、身辺雑記や、どんな投稿に「いいね!」を押したか、といったデータから個人の嗜好(しこう)を分析すれば効果的な広告が掲載できる。FBはその収入でサービス無料化を図り、好業績を遂げた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ