PR

ニュース 経済

再エネ主力化 費用低減、大きな壁 原発の議論求める声

Messenger

 このため有識者会議では温暖化対策やエネルギー安全保障の観点から、原発に対する議論を求める声が上がった。提言は原発は温暖化対策の「選択肢」とし、「人材・技術・産業基盤の強化に直ちに着手」すると明記した。だが、原発の存続に欠かせない新増設は、「可能性は排除しないが、方針は示していない」(経産省)と議論を避けた。

 枝広淳子委員は「原発の議論を逃げていると、パリ協定の目標達成の議論も進まない」と指摘する。エネルギーの明確な将来像を示し、理解を得られるかどうかが政府に問われる。(会田聡)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ