産経ニュース

【ビジネス解読】豪“勝利”の影にゴルフ界スーパースター 米輸入制限で適用除外

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
豪“勝利”の影にゴルフ界スーパースター 米輸入制限で適用除外

ホワイトハウスでの会談に臨むトランプ米大統領(左から2人目)とオーストラリアのターンブル首相(同3人目)=2月23日、ワシントン(AP) ホワイトハウスでの会談に臨むトランプ米大統領(左から2人目)とオーストラリアのターンブル首相(同3人目)=2月23日、ワシントン(AP)

 そんなオーストラリアに適用除外を認めた理由について、トランプ氏は「ターンブル氏は極めて公平で互恵的な軍事面と通商面での関係を築くことを約束した」と説明。ホワイトハウスも「大統領は2国間の同盟関係を深めることを期待している」としている。

 その一方、両国メディアでは、かねてからトランプ氏支持を公言してきたプロゴルファーのグレッグ・ノーマン氏の存在が適用除外への「後押しになった」(米紙ウォールストリート・ジャーナル)とも報じられている。

 オーストラリア人のノーマン氏はゴルフの全英オープンを2度制した実力派。「ホワイト・シャーク」の愛称で世界的な人気を博した。ゴルフ好きのトランプ氏とは長年の友人関係にあり、就任後も「日に日に大統領らしくなっている」と絶賛してきた。

 トランプ氏が大統領選で勝利した際に、ターンブル氏にトランプ氏の携帯電話番号を伝えたのもノーマン氏だ。その後のインタビューでは「普段なら誰かの携帯電話番号を教えるようなことはしないけれど、首相がトランプ氏に電話することは重要なことだと考えた」と明かしている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 豪“勝利”の影にゴルフ界スーパースター 米輸入制限で適用除外
  • 豪“勝利”の影にゴルフ界スーパースター 米輸入制限で適用除外

「ニュース」のランキング