PR

ニュース 経済

“肉ブーム”も物価上昇に一役? 内閣府が分析

ステーキ店チェーン「いきなり!ステーキ」では、来店客の目の前で肉の塊を焼いてくれる=大阪市
Messenger

 “肉ブーム”も最近の物価上昇に一役-。こんな分析を内閣府が7日までにまとめた。政府がデフレ脱却で重視する消費者物価指数(生鮮食品とエネルギーを除く)は2月に前年同月比0・5%上昇と8カ月連続上昇。貢献したのは食料品で、中でも生鮮肉が指数の伸び率の約10分の1を占めた。料理イベント「肉フェス」開催などが相次ぎ、赤身肉や熟成肉が大人気となる中、需要の高まりが肉の値段を押し上げつつある。

 値動きが激しい野菜などの生鮮食品や、電気代などのエネルギーを除いたベースの消費者物価指数は、需要動向をより正確に反映しているとみられ、政府が注視している。生鮮肉は生鮮食品に分類されていない。

 総務省によると、生鮮食品とエネルギーを除いた指数は、昨年3月に0・1%下落、4~6月に横ばいとなった後、7月に0・1%上昇となり、以後、プラス幅が拡大してきた。内閣府によると、最も押し上げているのは食料品で、今年2月は0・5%のうち0・28%分を占めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ