PR

ニュース 経済

ノキアから心臓の健康を管理できるスマート体組成計が登場

見た目もスマートな体組成計
Messenger

 フィンランドの通信機器大手ノキアが、Wi-Fiに対応する体組成計「Body Cardio」を発売。産経ネットショップで取り扱いを始めました。<産経netshop>

 北欧デザインのおしゃれな携帯電話端末でおなじみのノキアは、2016年にフランスの健康機器メーカーを買収し、体組成計や活動量計などのデジタルヘルスケア市場に進出しました。日本市場では、3月に体組成計の「Nokia Body Cardio」を発売。Wi-FiやBluetoothでスマートフォンと連携し、健康管理ができるスマート体組成計です。

 「Nokia Body Cardio」は、体重、BMI(ボディマス指数)、体脂肪、水分量、筋肉量、骨量などの全身組成の測定に加え、心拍数も測定。体重、体組成、心血管などデータの推移から心臓の健康状態を確認できるため、減量や体重維持など目標達成への参考になります。

 専用アプリ「Health Mate」を使えば、健康データの推移をグラフで確認し、自分の運動量や体重変化の傾向を簡単に把握。目標設定した体重に対しての進捗や心臓の健康状態がわかる「脈波伝播速度」機能を備え、減量が目的でない場合も、運動量、睡眠などに関するアドバイスを受け取ることができます。また、最大8人のデータを認識し、各ユーザーのデータを個別に同期するため、家族で健康管理を行えます。

 アルミ素材がベースの本体の厚さは1.8センチと薄型でスリムなデザイン。硬い床から厚手のカーペットの上など、どんな床面に置いても正確にデータを測定します。カラーはホワイトとブラック。2万5250円(税込)。

<産経netShop>

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ