PR

ニュース 経済

【公示地価】郊外型マンション活況 若い家族層誘引

都心へのアクセスがよく、3LDKタイプで2980万円からという割安な価格で人気が高い住友不動産の「シティテラス八潮」=埼玉県八潮市
Messenger

 地価や建築費の上昇を受けて首都圏の新築マンション価格が高騰し、市場の牽引役である若いファミリー層の購入が難しくなってきた。こうした中、東京23区内の物件を求めず、交通の利便性が良い郊外エリアのマンションを求める動きが活発化している。「好調な都心部に対し、鈍い郊外」といった潮流に変化の兆しが表れ始めている。(伊藤俊祐)

 不動産経済研究所によると、平成29年に東京都区部で発売した新築マンションの平均価格は7089万円で前年比6.9%も上昇。利便性に優れながら割安な価格で購入できるという理由で人気の高い「城東エリア」(東部)、「城北エリア」(北部)の物件も価格が上昇し、消費者は購入しづらくなっている。こうした中、注目されているのが郊外物件だ。

 東京都足立区に隣接する埼玉県八潮市で住友不動産が販売している「シティテラス八潮」(総戸数493)は、これまでの来場者のうち荒川区や江戸川区など城東、城北エリアの住民が約6割を占める。「つくばエクスプレスの最寄り駅から秋葉原駅(東京都千代田区)まで最短17分」という近さにもかかわらず、3LDKタイプで2980万円からという割安な価格帯が若いファミリー層をひきつけている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ