PR

ニュース 経済

セブン&アイ、一足早く入社式 1071人が社会人生活スタート 

【セブン&アイ・ホールディングス合同入社式】 「誓いの言葉」を述べる新入社員代表の原田広夏さん。後方は新入社員ら=22日午前、東京都港区(納冨康撮影)
Messenger

 流通大手のセブン&アイ・ホールディングス(HD)は22日午前、一足早い入社式を東京都内で開いた。セブン-イレブン・ジャパンやそごう・西武などグループ21社の新入社員1071人が社会人として新たなスタートを切った。

 入社式でセブン&アイHDの井阪隆一社長は「変化の激しい過去の常識が通用しなくなった時代だからこそ、皆さんの新鮮で柔軟な考え方が大変重要な示唆となる。ぜひ一緒に頑張っていこう」とエール。これに対し新入社員代表でイトーヨーカ堂に入社した原田広夏さん(22)が「未来を見据え、この大きな変化に果敢に挑戦し続ける」と決意を表明した。

 セブン&アイHDは、いち早く接客の現場に慣れてもらうため、昭和52年から毎年3月にグループ合同の入社式を開いている。今年の新入社員は昨年より144人少なかった。来年の採用数は今年並みの1130人を予定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ