PR

ニュース 経済

日生、ミャンマーに駐在員事務所開設へ 外資開放にらみ

Messenger

 日本生命保険は19日、ミャンマー政府から最大都市ヤンゴン市での駐在員事務所の設立認可を14日付で取得したと発表した。同国の生命保険市場が近い将来に外資に開放されることを見据え、市場参入方法の検討などを進める。同社は近く事務所を設立する。

 日本国内は人口減少による市場縮小が避けられないことから、日本生命は海外市場で収益源の多角化を進めている。将来的にミャンマーの保険会社に出資する場合、既にインドやタイで実績を挙げた営業職員による保険販売を検討する。

 ミャンマーの人口は約5200万人で若い世代が多く、2017年の経済成長率は7.5%と有望市場だ。

 日本の生保大手では、太陽生命保険が12年4月、第一生命保険が17年4月にそれぞれヤンゴンに駐在員事務所を開設している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ