PR

ニュース 経済

神鋼次期社長 改竄防止「不退転の覚悟」 事業再編排除せず

神戸製鋼のデータ改ざん問題で、記者会見の冒頭で謝罪する神戸製鋼所の次期社長、山口貢氏=16日午後、東京都港区(飯田英男撮影)
Messenger

 4月1日付で神戸製鋼所の社長に就任する山口貢副社長が16日に東京都内で記者会見し、製品データ改竄(かいざん)問題に関して、「再発防止策の実行による信頼回復を何が何でもやりきる」と抱負を述べた。引責辞任に追い込まれた川崎博也会長兼社長を引き継ぐ山口氏は、非主流の機械部門出身者で初のトップとなる。創業以来、最大の危機に直面した名門は、異例の人選で復活を目指す。

 「社長を受けたからには不退転の覚悟で臨む。(改革は)できると思う」

 山口氏は会見で、こう強調した。他社との合併や提携については「会社全体では考えにくい」とする一方、「各事業をどう強化していくかが大変重要で、選択肢の一つとしては排除しない」と語った。

 6日に公表された最終報告書で、出身の機械部門でも不正があったと指摘されたことには、「大変申し訳なく、重く受け止めている」と陳謝した。

 社長就任は慌ただしく決まった。打診されたのは、最終報告書が公表され、川崎氏が辞任表明した翌日の7日。山口氏は就任要請について「驚いた。こういう状況で大役を仰せつかってよいのかとも考えた」と振り返った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ