PR

ニュース 経済

【春闘速報】トヨタなど自動車主要各社、前年を上回る水準で回答

集中回答日を迎え、ボードに書き込まれる自動車大手の回答=14日午後、東京都中央区
Messenger

 トヨタ自動車は14日、平成30年春闘で、従業員の基本給を底上げするベースアップ(ベア)について、前年実績の月額1300円を超える水準で実施すると労働組合に正式回答した。具体的な金額は非公表。

 期間従業員などを含めた全組合員の平均昇給率は月額3・33%で、政府が求める3%を上回る賃上げとなる。

 日産自動車は、前年から倍増の3000円と労組の要求に満額回答。ホンダは前年より100円多い1700円のベアを実施すると正式回答した。

 年間一時金(賞与)はトヨタが6・6カ月、日産が5・8カ月、ホンダが6・2カ月と、それぞれ労組の要求通り回答した。

 金属労協の高倉明議長(自動車総連会長)は東京都内で同日開いた記者会見で、トヨタの回答について「働くすべての組合員に報いようとする会社の思いが強く出ている」と評価しながらも「非公表なので共闘の観点では問題を残した」と指摘。春闘相場の形成を主導してきたトヨタの対応に懸念を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ