産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼・詳報】
(3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」

記者会見に臨む、神戸製鋼の川崎博也社長(右)=6日午後、東京都中央区(松本健吾撮影) 記者会見に臨む、神戸製鋼の川崎博也社長(右)=6日午後、東京都中央区(松本健吾撮影)

 「栃木県の真岡製造所では1970年代、三重県の大安製造所は1980年代に始まっている。同時発生的に誰かの指示で始まったとは考えていない。ただ、事業部門として十分な収益寄与をできなかったという背景、プレッシャーが無理な受注や生産に走らせた。アルミ・銅部門の場合は金属の違い、鋳造・押し出し・圧延というプロセスの違いも背景にある。真岡、大安、長府、幡生と製造所の大部分が関西に集中しており、鉄や機械といった他部門との交流が乏しかった、その結果、きわめて閉鎖的な組織運営となっていた。したがって、同時発生したとは考えていない」

--独立社外取締役は、新体制でも5人と同数だ。間違った方向への動きに歯止めをかけづらいのでは

 「社内取締役の人数を(定員13から11に)減らし、社外取締役の比率は3分の1以上へと上がる」

--会長職廃止の狙いは。

 「定款上、取締役会議の議長を会長が務めるとしていた。今後は、独立社外取締役に議長を務めてもらうので、会長は必要ないと判断した」

続きを読む

このニュースの写真

  • (3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」
  • (3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」
  • (3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」
  • (3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」
  • (3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」

「ニュース」のランキング