産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼・詳報】
(3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」

記者会見に臨む、神戸製鋼の川崎博也社長(右)=6日午後、東京都中央区(松本健吾撮影) 記者会見に臨む、神戸製鋼の川崎博也社長(右)=6日午後、東京都中央区(松本健吾撮影)

--不正が始まった時期はいつにさかのぼるのか。

 「一番古いのは1970年代だと認識している。70、80年代の記録は残っていないが、(第三者委員会がOBらに)ヒアリングする中で、複数の人が確度の高い証言をした」

--これほど広く、これほど長く不正が続いてきたのはなぜか。組織性があったのか、本社からの指示はあったのか。

--アルミ・銅部門を中心に広汎な不正があり、しかも時代がかなりさかのぼる。直接的な原因だが、アルミ・銅部門は工程能力に見合わない受注をし、生産していた。また機械部門は容易にねつ造可能な環境だった。しかし根本的には、本社による品質チェック機能が不十分だった。また役員のコンプライアンス意識の不足、品質に関して本社がガバナンス機能を持っていなかったことが根本原因だ。本社からの不正の指示は一切なかった」

--不正は自然発生したのか、誰かが指示したのか。

続きを読む

このニュースの写真

  • (3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」
  • (3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」
  • (3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」
  • (3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」
  • (3)完 訴訟リスク「余談許さない状況」

「ニュース」のランキング