PR

ニュース 経済

【神戸製鋼・詳報】(2)後継選び「再発防止と成長戦略のリーダーを」

記者会見で頭を下げる、神戸製鋼の川崎博也社長(手前)=6日午後、東京都中央区(松本健吾撮影)
Messenger

 製品データ改ざん問題をめぐり、神戸製鋼所が第三者委員会の調査報告を公表した記者会見。次期社長の人選について、川崎博也会長兼社長は「再発防止のリーダーを務め、神戸製鋼の成長戦略を描ける人物を、社外取締役と相談しながら選びたい」と述べた。

 第三者委による調査では、系列会社を含む6社・部門で新たな不正が判明。新たに163社に不正な製品を納入していたことが分かり、納入先はこれまで公表していた525社から605社へと拡大した。また、一連の不正には2人の元役員が役員就任前に直接関与していたこともわかった。

 川崎氏は、経営体制の刷新や品質マネジメントの強化といった再発防止策も含めて約20分間で説明を終え、「再び信頼していただける会社へ生まれ変わるために、不退転の決意で取り組む」と決意を表明。会見は質疑応答へと移った。

 報道陣と川崎氏との主なやり取りは次の通り。 

--退任の理由について、改めて。

 「昨日の取締役会に調査委の結果報告があった。極めて多くのお客さまにご迷惑をかけた責任は重い。対策を確実かつスピーディーに進めるためには、そこで新たな経営体制の元で取り組むことが必要と決心し、辞任を申し出た」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ