PR

ニュース 経済

魚沼産コシヒカリ「特A」から初転落 「残念」…新潟の関係者に衝撃 8月の低温、日照不足影響か

魚沼産コシヒカリの稲刈り風景=平成19年9月、新潟県南魚沼市(石田征広撮影)
Messenger

 日本穀物検定協会が28日発表した平成29年産米の食味ランキングで、新潟県魚沼産コシヒカリが平成元年から続いた5段階評価で最上級の「特A」から2番目の「A」に初めて転落し、国内を代表するブランドとして誇りを持つ魚沼地域の関係者にショックが走った。ただ、県内の稲作振興施策を担当する県農産園芸課は冷静に受け止め、今後の評価回復に努めるとしている。

 魚沼産のランク落ちは同協会の担当者も「びっくりしている」と驚く結果だった。同課の牛腸真吾課長は「残念だが、これも一つの評価」とした上で、昨年8月中旬以降の低温と日照不足で中越地域の作柄が良くなかったことを要因に挙げた。「食味が変質し(稲が発育・肥大する)登熟がばらついたのかもしれない」とみている。

 ただ、食味ランキングは「サンプルに対するもので全体の評価ではない」と指摘し、激しさを増す他県産とのブランド競争への影響は否定。「食味品質を確保する今後の取り組みに生かしたい」とした。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ