産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


政府が健康連動型保険の普及促進 来年にも協議会設置へ

 政府は、増大する社会保障費の削減に向け、健康な人ほど得をする「健康連動型保険」の普及促進を図る考えだ。特に年間約40兆円に上る医療費の3分の1以上を占める生活習慣病は、食事療法や運動で改善できれば医療費の大幅な削減につながると期待されている。健康維持により保険料割引などの特典を付与する保険の提供で、国民の健康増進を促そうと、政府は来年にも普及促進に向けた協議会を設置することを検討する。

 健康連動型保険は、既に複数の保険会社が商品化。血圧値や肥満度が一定範囲内なら保険料を安くする保険や、1日の歩数やリハビリによる介護度数の低減に応じて特典を与える保険などがある。ただ、ほとんどが規模や認知度の小さい少額短期保険で、普及には至っていない。

続きを読む

「ニュース」のランキング