産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


AIで「仕事が変わる」は6割以上 「労働時間は変わらない」も6割超える

AIはどのようなものか知っているか AIはどのようなものか知っているか

 労働者はAI(人工知能)について、どのようなイメージを持っているのか。日本労働組合総連合会(以下、連合)はこのほど、「AIが職場にもたらす影響に関する調査」結果を発表した。AIの認知率は約9割で、AIの導入や活用が進むと「仕事が変わる」と思う人は6割を超えた。一方、AIが導入されても6割以上の人が「労働時間は変わらない」と考えているという。

 「AIはどのようなものか知っているか」という問いに「意味をよく知っている」と答えた人は31.5%、「言葉自体は聞いたことがある」人は57.8%、「全く知らない」と答えた人は10.7%だった。

 今後のAIの普及について「期待している」と答えた人は全体の54.5%。中でも金融・保険業は期待する人の割合が高く、7割を超えた。続く製造業(64.7%)や公務等(62.3%)、教育・学習支援業(62.0%)でも6割を超えたが、飲食店・宿泊業(41.1%)や、建設業(45.1%)、情報通信業(46.0%)、卸売・小売業(48.7%)では5割を下回った。

 「AIで自分の仕事が変わっていくと思うか」という問いでは、「変わる」と答えた人が全体の65.6%だった。最もそう考える人が多いのは情報通信業(74.6%)で、次いで医療・福祉(73.8%)、製造業(73.5%)と飲食店・宿泊業(73.5%)だった。逆に「変わらない」と予想した人が多いのは不動産業(47.1%)と卸売・小売業(47.0%)だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • AIで「仕事が変わる」は6割以上 「労働時間は変わらない」も6割超える
  • AIで「仕事が変わる」は6割以上 「労働時間は変わらない」も6割超える

関連ニュース

「ニュース」のランキング