PR

ニュース 経済

「大規模緩和の継続重要」日銀の岩田規久男副総裁が講演

日銀の岩田規久男副総裁=31日午後、大分市
Messenger

 日銀の岩田規久男副総裁は31日、大分市で講演し、日銀の物価上昇率2%目標の実現は遠いと説明し、長期金利を0%程度に抑える現行の大規模な金融緩和策を「粘り強く続けることが重要だ」と強調した。金融市場では黒田東彦日銀総裁の物価をめぐる発言などで、日銀が緩和縮小に向かうとの思惑が浮上し、円高や長期金利の上昇の一因になっていた。

 岩田氏は現行の大規模な金融緩和は効果が大きく副作用が小さい「最適な金融政策だ」と言及。日銀はより適切な政策があるかどうか追求すべきだとしながらも、効果に確信が持てない限り「現在の政策を続けるべきだ」と訴えた。一方、政府に対して規制・制度改革の推進を求めたほか、財政健全化を急いで緊縮ペースを加速すれば成長率が低下し「財政健全化は達成できず、2%目標の達成も困難になる」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ