PR

ニュース 経済

【コインチェック巨額流出】ずさんな安全対策 常時ネット接続なのに秘密鍵1つで管理

Messenger

 不正アクセスにより巨額のネムが流出したコインチェックに、金融庁は業務改善命令を出して再発防止策の策定などを求めた。流出の原因には、不十分な安全対策が指摘されている。コインチェックは人手不足や技術導入の困難さを挙げているが、対策を怠った責任は免れない。

 コインチェックは、顧客から預かったネムの保管分と送金分全てを常時インターネットに接続された「ホットウォレット」で管理。ネムについては、他の仮想通貨に比べ取引量が少ないことなどから、ネットから隔離し、不正なアクセスが困難な「コールドウォレット」で保管する技術の導入が後回しにされていた。

 さらに、コインチェックが管理するネムに関しては送金時の暗証番号となる秘密鍵を複数必要とする「マルチシグ」も導入されていなかった。マルチシグは、金庫に複数の鍵を取り付けるイメージの技術。導入していれば1つの端末がハッキングされたり、1つのパスワードが流出したりしても、通貨の盗難を防ぐことができるという。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ