産経ニュース

自動運転の米テスラ車、事故起こしていた 時速100キロで消防車に追突

ニュース 経済

記事詳細

更新


自動運転の米テスラ車、事故起こしていた 時速100キロで消防車に追突

カリフォルニア州の高速道路で消防車に追突したテスラ車(KCBS-TVが提供、AP) カリフォルニア州の高速道路で消防車に追突したテスラ車(KCBS-TVが提供、AP)

 米電気自動車メーカー、テスラ・モーターズの乗用車が、米西部カリフォルニア州ロサンゼルス郊外の高速道路で消防車に追突する事故を起こしていたことが25日分かった。「半自動運転」モードを使って時速約100キロで走行していたとされ、米運輸安全委員会(NTSB)が調査を始めた。

 事故は22日に発生、テスラの主力セダン「モデルS」が停車中の消防車に追突した。運転手らにけがはなかったが、米メディアは自動運転の技術開発を続ける自動車業界に大きな問題を突き付けたと報じた。

 南部フロリダ州でも2016年5月、自動運転機能を使用していたモデルSがトレーラーと衝突し、乗っていた運転手が死亡する事故が発生。当局はテスラ車に「欠陥は見つからなかった」としたが、あらゆる事故を防げるわけではないと利用者に注意を呼び掛けた。(共同)

「ニュース」のランキング