産経ニュース

伊勢丹松戸店 17日から閉店セール「記憶と記録に残るフィナーレ」目指す

ニュース 経済

記事詳細

更新


伊勢丹松戸店 17日から閉店セール「記憶と記録に残るフィナーレ」目指す

伊勢丹松戸店=千葉県松戸市 伊勢丹松戸店=千葉県松戸市

 3月21日で閉店する千葉県松戸市内唯一のデパート、伊勢丹松戸店(同市松戸)の「ご愛顧感謝ファイナルフェスタ」が17日、スタートする。もの悲しさが漂う閉店セールだが、「日本一楽しい百貨店」を目指してきたという同店では、フェスタ用オリジナルソングを店内に流しながら最大級の盛り上げを続け、「記憶と記録に残るフィナーレを迎えるべく走り抜ける」という。

 フェスタは3部構成。第1弾は2月6日までで「最後の大北海道展」を開催。初日の17日にはファイナルフェスタテーマソングの発表、21日にはよさこいソーラン演舞などライブイベントを行う。続く「大九州展」では人気の「くまもん」来店が予定されている。

 昭和49年の開店からの年数43にちなんだ4300円の商品のほか、正価商品も運営する三越伊勢丹ホールディングスが総力をあげた品ぞろえで、松戸の街への感謝と、松戸の明るい未来への思いを表すという。 

「ニュース」のランキング