産経ニュース

【新春直球緩球】日立製作所の東原敏昭社長「世界1位を意識した事業育成やM&Aを」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【新春直球緩球】
日立製作所の東原敏昭社長「世界1位を意識した事業育成やM&Aを」

インタビューに応じる日立製作所の東原敏昭社長(寺河内美奈撮影) インタビューに応じる日立製作所の東原敏昭社長(寺河内美奈撮影)

 --新年の抱負を

 「平成30年度は3カ年の中期経営計画の最終年度で売上高10兆円、売上高営業利益率8%超を目標に掲げている。売上高はM&A(企業の合併・買収)のタイミング次第だが、利益にはこだわり、グローバル企業へさらなる進化を遂げる1年にしたい」

 --中期計画で確保する1兆円のM&A資金のうち7千億円は手つかずだ

 「水面下で動いているものはずいぶんある。モノのインターネット(IoT)を活用して顧客の課題解決を図るパートナーになるのが方向性だ。顧客と接する営業やコンサルの部隊がまだ弱いので、強化したい」

 --収益拡大への施策は

 「世界最高速のエレベーターを持っているが、世界1位を意識した事業の育成やM&Aを進めたい。2桁の利益率を出している世界の競合と見比べながら、構造改革を常に進める」

 --原発事業について

 「英国で2020年代前半の稼働を目指す新規原発計画を成功させるかが重要だ。現地開発会社への出資者を募り、日立の連結子会社から外す方針で、採算性がある形をつくらないといけない。19(平成31)年の最終投資判断まで予断を許さない。国内原子炉3社の燃料事業統合や再編の議論はなかなか進んでいない」

 --神戸製鋼所の性能データ改(かい)竄(ざん)問題の影響は

 「材料が納入されたのは鉄道中心だ。出荷段階でうちの検査を通しており、顧客納入時点で品質に問題があるとは考えていない」

このニュースの写真

  • 日立製作所の東原敏昭社長「世界1位を意識した事業育成やM&Aを」
  • 日立製作所の東原敏昭社長「世界1位を意識した事業育成やM&Aを」
  • 日立製作所の東原敏昭社長「世界1位を意識した事業育成やM&Aを」

「ニュース」のランキング