産経ニュース

独企業「中国から撤退も」 経済団体が共産党に警告 対中進出企業への介入強化で

ニュース 経済

記事詳細

更新


独企業「中国から撤退も」 経済団体が共産党に警告 対中進出企業への介入強化で

9月19日、中国福建省アモイで開かれた国際フォーラムで、「一帯一路」に関連した海外投資について討論する民間企業経営者ら(共同) 9月19日、中国福建省アモイで開かれた国際フォーラムで、「一帯一路」に関連した海外投資について討論する民間企業経営者ら(共同)

 【上海=河崎真澄】中国共産党が対中進出している外資の民間企業にも党組織を社内に設置させ、党の意向を経営に反映させるよう求めている問題で、在中国ドイツ商工会議所が、「中国市場からの撤退や戦略転換を図る企業が出る恐れがある」などと警告を行ったことが29日、分かった。

 同商工会が公表した声明では、「政党を含む第三者からの干渉を受けない経営がイノベーションや成長の強固な基礎だ」と反論。外資企業の経営判断に事実上の介入を狙う共産党の方針を強く牽制した。商工会レベルで「撤退」まで示唆しながら抗議の意を示したのは、初めてとみられる。

 ドイツ系の企業は中国市場に約5千社が進出しており、約110万人の雇用を創出している。新車販売ではドイツブランドが日本車を抑えて中国市場のトップシェアを誇る。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング