産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


経団連次期会長に日立製作所会長の中西宏明氏で調整

日立製作所の中西宏明会長=2015年10月29日、東京都千代田区(黄金崎元撮影) 日立製作所の中西宏明会長=2015年10月29日、東京都千代田区(黄金崎元撮影)

 経団連が、榊原定征会長(74)の後任に、副会長の中西宏明日立製作所会長(71)を軸に調整に入ることが16日、分かった。年明けに内定し、来年5月末の定時総会で就任する予定だ。「財界総理」と呼ばれる経団連会長は製造業出身の副会長から選ばれるのが通例だが、中西氏が受ければ、日立出身は初めてとなる。

 中西氏は東大工学部を卒業し、昭和45年、日立に入社。主に情報・通信部門を経験し平成22年に社長就任。事業構造改革を推進し、リーマン・ショックに伴う巨額赤字を計上した日立を立て直した。

 26年に経団連副会長に就任。政府の「未来投資会議」のメンバーを務めるなど安倍晋三首相とも親しい関係だ。

 榊原氏は、後任の条件として、副会長経験者▽製造業出身▽グローバル企業出身-などを挙げていた。

「ニュース」のランキング