産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


加速する「電気飛行機」開発 空の移動はこう変わる

電気旅客機を運航する計画を明らかにしたEasyjet 電気旅客機を運航する計画を明らかにしたEasyjet

 電気飛行機に関するプロジェクトが相次いで立ち上がっている。電気飛行機はコストが安く騒音がほとんどないという画期的な特徴を持っており、実用化が進めば空のタクシー化を一気に促すことになる。ウーバーのような予約システムが、タクシーだけでなくエアラインともシームレスにつながる可能性が高まってきた。

 2017年9月、英国の格安航空会社であるEasyjet(イージージェット)が、10年以内に電気旅客機を運航する計画を明らかにした。

 電気飛行機の開発を行う米国のベンチャー企業Wright Electric(ライト・エレクトリック)と組み、短距離路線向け電気旅客機を開発する。米Boeing(ボーイング)や米航空宇宙局(NASA)出身者が設立した企業で、既に小型機を試作しているという(飛行機の分類方法としては「電動飛行機」の方が適切に思えるが「電気飛行機」との記述が大半なので、本稿もそれにならった)。

 航空機メーカーも動き出している。ボーイングは、ライト・エレクトリックと同様の航空機ベンチャーであるZunum Aero(ズーナムエアロ)に出資しており、短距離用の電気旅客機の開発を支援しているほか、仏Airbus(エアバス)も開発を進めている。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング