PR

ニュース 経済

神棚の要素盛り込み ミニマル&モダンな「かみだな」に新色登場

Messenger

 一番高い場所を意味する「雲」のシールが付属。神棚は本来、明るく静かで高い位置か、家族が集まる場所に南向きか東向きで祀るもので、その上には何もないのが理想です。しかし、現代の住宅事情では、神棚の上に2階がある場合も多いため、神棚を祀った天井に「雲」の字を貼ることで「この上には何もありません」という意味を表すのが慣わしです。シールは「雲」の字ではなく、デザイン化した雲のイラストで表現しています。

 「かみだな」を作る木工職人集団「もこのこ」は、2010年に福島県いわき市の正木屋材木店を中心に同市内の木工業者らが集い、木工技術の継承、共有、情報発信を目的として活動をスタート。その翌年、3月11日に発生した東日本大震災後に仮設住宅で暮らす人々にちゃぶ台を作って届ける活動をする中で聞いた「仮設には神棚を置く場所がない」という声をきっかけに、小さなスペースでも置ける神棚として考案されました。デザインは、建築・インテリア・プロダクトデザインなどを手がけるmizmiz design代表で一級建築士の水野 憲司さんが手がけました。

 木工職人が一つ一つていねいに作る「かみだな」は、日々の感謝の気持ちを表したり、心の拠り所として祀る神棚を現代の住宅事情に合わせて小スペースでもインテリアから浮くことなく祀ることができます。価格はいずれも税込み。

<産経netShop>

かみだな しろ×むく モダン神棚 もこのこ(産経netShop)

<産経netShop楽天店>

かみだな しろ×むく モダン神棚 もこのこ(産経netShop楽天店)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ