産経ニュース

【神戸製鋼データ改竄】副社長「特別損失どうなるか予想できない」 記者会見での主なやりとり

ニュース 経済

記事詳細

更新

【神戸製鋼データ改竄】
副社長「特別損失どうなるか予想できない」 記者会見での主なやりとり

中間決算について説明する神戸製鋼の梅原尚人副社長=30日午後、東京都千代田区(福島範和撮影) 中間決算について説明する神戸製鋼の梅原尚人副社長=30日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)

 神戸製鋼所が30日に発表した中間決算は、データ改竄(ざん)問題の影響を受け、通期の黒字化予想の撤回に追い込まれる厳しい内容となった。記者会見でも、今後の経営環境や改竄問題の見通しについて厳しい質問が相次いだ。

 会見での主なやり取りは次の通り。

 --2年ぶりの中間配当見送りになった

 梅原尚人副社長「残念だ。私どもが最優先に取り組むべきなのは、不適合品の安全性の検証や再発防止策の検討と実施。そのような中で、下期の業績を見通せず、中間配当は見送らざるを得ない。期末配当については、その時点でまた判断をしたい」

 --アルミの供給会社の数は国内で限られる。顧客離れについて、インパクトがあるわけではないのか

 梅原氏「時間とともにそれなりの影響がでてくるとみている。一方で、私どもは何とか信頼回復に向け地道に努力を重ねる。顧客離れはあるが、できるかぎり引き留め、減少幅を最小限にしたい」

続きを読む

「ニュース」のランキング