産経ニュース

【日産無資格検査】日産、全車両の出荷停止 国内向け、公表後も無資格検査

ニュース 経済

記事詳細

更新

【日産無資格検査】
日産、全車両の出荷停止 国内向け、公表後も無資格検査

記者会見の冒頭で頭を下げる日産自動車の西川広人社長=19日午後、横浜市西区(福島範和撮影) 記者会見の冒頭で頭を下げる日産自動車の西川広人社長=19日午後、横浜市西区(福島範和撮影)

 日産自動車は19日、国の規定に反した新車の無資格検査を9月29日の問題公表後も続けていたとして、国内に6つある全ての完成車工場での出荷停止を決めた。国内で販売する全車両に当たり、出荷再開までは2週間程度かかる見通しだ。既に判明していた日産車体湘南工場(神奈川県平塚市)を含め日産本体の追浜工場(同県横須賀市)など計4工場で無資格検査が続いていた。

 ずさんな管理態勢が改めて浮き彫りとなり、経営陣の責任が問われるのは必至だ。

 日産は9月20日~10月18日に製造された在庫の約3万台と、販売済みの約4千台を再点検する。約4千台については、リコール(回収・無償修理)を届け出る方向だ。

 公表後に無資格検査を続けていたのは、ほかに日産本体の栃木工場(栃木県上三川町)と日産自動車九州(福岡県苅田町)。国内6工場の月間生産台数は約8万台で、うち国内販売向けは約3万台(今年8月時点)。国内向けの車両は生産も停止する。海外向けの生産は続ける。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日産、全車両の出荷停止 国内向け、公表後も無資格検査
  • 日産、全車両の出荷停止 国内向け、公表後も無資格検査
  • 日産、全車両の出荷停止 国内向け、公表後も無資格検査

関連ニュース

「ニュース」のランキング